Advantage Austria ナビゲーションを表示する

EU諸国からの移住

欧州連合の主な取組の一つには労働者の自由な移動があります。欧州経済圏(EEA)およびスイスの市民とその家族は自由にEUまたはEEA加盟国に移住し働くことができます。従って加盟国からの労働者は オーストリアで労働市場に自由にアクセスでき、ここで求職するための認可は不要です。

EUまたはEEAの市民(EU加盟国および、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー) およびスイス人 居住の自由および労働者の移動の自由 の恩恵を受けています。従ってこれらの人々は認可を必要とせずに長期間オーストリアに滞在し生活することができます。この便利な制度を利用するには次の3条件のいずれかを満たさなければなりません:

  • オーストリアで雇用者または自営者としての活動を予定している。
  • 本人および家族のために十分な生活資金、包括的な健康保険を持っている。
  • オーストリアで教育を受ける計画があり、本人および家族のために十分な生活資金、包括的な健康保険を証明できる。

遅くとも3ヶ月以内に管轄の滞在管理局に申請し、上記の前提条件を満たせば 住民登録証明 を取得できます。

EU/EEAおよびスイス国民の家族 にとってもオーストリアは移住しやすい国となっています。

移行条項は新たにEUに加盟した諸国(下記参照)の国民に適用されます。この場合労働者の移動の自由に関して例外規則が適用されるので、外国人雇用法に基づく認可が必要です。労働許可の主な前提条件:

  • 雇用が提供されていることの証明。
  • 予定されている雇用企業が拠点管轄の労働市場サービス で雇用認可を申請する。
  • 労働市場サービスは、その職務に対しオーストリアの労働市場に適切な人材がいないことを労働市場査定により判断する。

次のEU諸国には移行措置が適用されています:

  • クロアチア2013年7月1日以降

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA