Advantage Austria ナビゲーションを表示する

EU以外の国からの移住

2011年7月1日以来、Rot-Weiß-Rot – Karte (赤白赤カード)制度を利用することにより、オーストリアで就労を希望する就業者の世界中からの移住が可能になりました。 この条件付き移住制度(ポイント制)を用いて、第三国(EU諸国、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイスには別制度が適用)からの高度な資格を持つ就業者およびその家族はオーストリアでの長期移住ができます。Rot-Weiß-Rot – Karte は次のような人材を対象にしています:

内容一覧:

Rot-Weiß-Rot – Karte 全般

Rot-Weiß-Rot – Karte 制度ではEU以外の国からの移住希望者は、客観的基準に基づいて移住資格と条件を直接確認することができます。ポイント制度は次のような項目を基準としています:

  • 高度な資格
  • 職務経験
  • 言語の知識
  • 年齢
  • オーストリア留学(特に高度資格者の場合)

Rot-Weiß-Rot – Karteは24ヶ月を期限とし、申請を行った雇用企業で働くことが可能になっています。その後 、保有者が自由に就労できるRot-Weiß-Rot - Karte plus の申請が可能となります。

Rot-Weiß-Rot – Karteでオーストリアに移住する人は、入国前にドイツ語の知識を証明する必要はありません(これらの人の場合「移住前のドイツ語」要件は適用されません)。ドイツ語または英語の知識があればポイントを得ることができます。

Rot-Weiß-Rot – Karte で移住する就業者の家族 には割り当て義務は適用されずRot-Weiß-Rot – Karte plusで直ちに自由に労働市場にアクセスできます。但し、家族の場合には「移住前のドイツ語」要件が適用されますのでご注意ください。

欧州連合レベルでも高度な資格を持つ者に対する移住規則が制定され、各EU加盟国で法制化されています。オーストリアでは「Blaue Karte EU」(EUブルーカード) として法制化されました。

高度資格保有者

高度な資格を持つ移住者には次のような優遇された枠組条件が適用されます: 

  • 雇用の提供を事前証明する必要がない
  • 最低ポイント(100点満点のうち70点)を得れば、6ヶ月滞在ビザが得られオーストリアで求職が可能(「job-seekerビザ」(求職者ビザ))
  • この半年内に資格相応の雇用を見つけた場合、追加審査なくRot-Weiß-Rot – Karteが発行される

特別な高度資格を有する人を対象とするポイント制度 [pdf, 91.3kb]ではオーストリアの労働市場で需要の高い特別な資格や能力に対し、一般的な基準である職務経験、言語知識、年齢を適用外としています。

「job-seeker-ビザ」は管轄のオーストリア大使館または領事館で申請できます。

入国ビザが不要な場合には、ビザ不要滞在期間中に直接オーストリアでRot-Weiß-Rot – Karte の申請を行うことができます。

申請手順 を調べるとともに、必要とされる基準の最初の確認をオンラインポイント計算機 でチェックすることができます。

人材不足の専門職

オーストリアでも特定の職業については需要が高く、このような分野では専門資格を持つ就業者が不足しています。世界の専門職者にとってこれらの分野では求職の機会に恵まれています。Rot-Weiß-Rot –Karteを利用すればオーストリアへの移住が簡素化され、当地で資格相応の仕事を行うことができます。

毎年、労働市場での需要に基づいて 人材不足職種 リストが作成され公開されます。EU以外の国からの専門職の方は次の前提条件を満たせばRot-Weiß-Rot – Karteを申請することができます:

  • 人材不足職種での職業訓練が修了していること
  • 法的に対応した最低賃金または 団体交渉 による最低賃金、および企業慣例の追加報酬が対象となる職場からの雇用提供がオーストリアにあること。
  • 人材不足職種における専門職用ポイント制 [pdf, 42.7kb] における必要な最低ポイント数の保有 (90点中最低55点) 

Rot-Weiß-Rot – Karteは国外の管轄オーストリア大使館または領事館 、または入国ビザ不要の場合には直接オーストリアで申請できます。

申請手順 を調べるとともに、必要とされる基準の最初の確認をオンラインポイント計算機 でチェックすることができます。

その他のキーワーカー

EU以外の国の方は「その他のキーワーカー」という手段を通して多様なオーストリア労働市場に移住することが
できます。Rot-Weiß-Rot – Karteでの移住は次の条件を満たす国際的キーワーカーの場合、可能です:

  • 必要な最低賃金を支給する職場提供を証明すること。規則的追加報酬、一括支給(残業一括支給等)、現物支給はこの場合の賃金総額に加算することができます。
    2017年の最低賃金:
    • 30歳未満 控除前EUR 2,490/月
    • 30歳以上控除前EUR 2,988/月
  • その他のキーワーカー向けポイント制 [pdf, 78.6kb]のうち最低ポイント数(75点中最低50点)
  • 労働市場サービス が労働市場査定(代替性検査)によりオーストリア労働市場に申請対象の職務に就ける者がいないと判断すること

Rot-Weiß-Rot – Karte は 国外の 管轄オーストリア大使館または領事館 、または入国ビザ不要の場合は直接オーストリアで申請することができます。

申請手順 を調べるとともに、必要とされる基準の最初の確認をオンラインポイント計算機 でチェックすることができます。

自営のキーワーカー  /  外国人起業家について

自営のキーワーカー

オーストリア経済は高い輸出比率と革新力を備えた企業体制を特徴としています。欧州の中心部という立地条件を持つオーストリアは、西欧工業諸国と中東欧の成長市場の間の回転軸でありハブです。世界からオーストリアにやって来る企業はオーストリア拠点の優れた競争条件および国際性の恩恵を受けることができます。

EU以外の国からは自営のキーワーカー向けRot-Weiß-Rot – Karteを利用して、オーストリアに移住し企業設立を行うことが可能です。

自営のキーワーカーが雇用を行う場合、以下の点に特に注意しなければなりません。

• この業務に関連した少なくとも10万ユーロの投資資本の移転、または
• 新規雇用の創出、あるいは既存の職場の保護

総合的な経済価値、あるいは少なくとも地域にとって意義のあること。 これらの前提条件は事業計画に記され、オーストリア公共雇用サービス(AMS) による書面での認定を通じ、肯定的な評価を受けなければなりません。

Rot-Weiß-Rot – Karte は 国外の管轄オーストリア大使館または領事館 、または入国ビザ不要の場合は直接オーストリアで申請することができます。

自営のキーワーカー向けRot-Weiß-Rot – Karte に関する詳細はこちらです。

外国人起業家について

2017年10月以降、外国人起業家は、有資格移住者としてのRot-Weiß-Rot - Karte(労働滞在許可システム)、および移住者のために設立された専用のポイントシステム [pdf, 47.6kb]の対象となりました。

起業を志す若い企業家は、次の条件を満たす場合、Rot-Weiß-Rot - Karte(労働滞在許可システム)を取得することができます。

  • 必要ポイント数を獲得していること(85ポイントのうち50ポイント)
  • 革新的な製品、サービス、方法又は技術を開発し、市場に導入していること
  • 設立、運営のための首尾一貫した事業計画を提出すること
  • 申請人が会社経営における積極的な役割を有すること
  • 50,000ユーロの資本金の証明(その半分以上を自己資本とする)

2年後、外国人起業家は、次の条件を満たす場合、Rot-Weiß-Rot - Karte plus(無制限カード)に変更する機会が与えられます。

  • 2名以上の常勤スタッフの雇用
  • 会社経営において自らが重要な財政決定権を有していること
  • 年間売上高が200,000ユーロ以上であること、又は100,000ユーロ以上の資金調達が確保できること
  • 革新的な製品またはサービスを現実に提供しているか、又は開発していること

上記の条件を満たしているか否かについては、書面での評価書より、オーストリア公共雇用サービス(AMS)が審査を実施します。Rot-Weiß-Rot - Karte plus への切り替えを行った場合、外国人起業家は就労条件が無制限となります。Rot-Weiß-Rot - Karte plusの条件が満たされない場合、外国人起業家は2年後に居住権許可への変更を行うことができます。

Rot-Weiß-Rot - Karteは国外の管轄オーストリア大使館又は領事館 において申請、尚、ビザなしでの入国が可能な場合は、オーストリア国内で直接申請することができます。

外国人学位取得者

世界中の若者が大学や専門大学で学業を修めるためにオーストリアへやって来ます。学業を通してそれぞれの専門課程における専門知識を習得するとともに、言語、文化、職場での経験を重ねていきます。このように能力および知識を得た留学生はオーストリア経済にとって大きな潜在力となっています。

EU以外の国からの学位取得者にはRot-Weiß-Rot – Karteを取得し当地で勤務するための条件が緩和されています。

  • オーストリアの大学、専門大学、公認の私立大学でディプロマ、学士、修士、博士課程のうち少なくとも2期を修了している場合、卒業後、仕事を見つけるために、さらに12ヶ月オーストリアに滞在することができます。
  • 修学内容に応じた職務と、その職務で規定されている最低賃金が支給される職場を提示することができる場合にはRot-Weiß-Rot – Karte を申請することができます。
    2017年の最低賃金:控除前 EUR 2,421/月
  • ポイント制は適用されず労働市場サービス による代替性審査も不要です。

Rot-Weiß-Rot – Karteは12ヶ月の滞在期間中にオーストリアで直接申請することができます。詳細は移住ポータル からご確認下さい。

留学中の就業について:

EU以外の国からの学生は留学中に実践的な研究を積む目的で、週20時間迄の就業が可能です。

(雇用企業が申請する)雇用許可の申請において、代替労働力の審査は行われません。このため雇用認可の際の大きなハードルが無くなっています。

家族

Rot-Weiß-Rot – Karteは国際的な専門技術者と家族がオーストリア で一緒に生活する機会を提供しています。

Rot-Weiß-Rot – Karteまたは「Blauen Karte EU」 保有者の家族 はRot-Weiß-Rot – Karte plusを申請することができます。このことによりオーストリアへの家族の移住が可能となります: 

  • 家族の移住は無制限(割り当ての対象外)
  • ただちに自由に労働市場にアクセスが可能
  • ヨーロッパ言語共通参照枠 におけるA1レベルのドイツ語の知識を入国前に証明しなければなりません。(「移住前のドイツ語」)
  • 特別に高度な資格保有者およびBlauen Karte EU保有者の家族については「移住前のドイツ語」条件は適用されません。事前のドイツ語能力の証明は不要です。

Rot-Weiß-Rot – Karte は 国外の管轄オーストリア大使館または領事館 または入国ビザ不要の場合は直接オーストリアで申請することができます。

申請 の具体的な手順はこちらで調べることができます。

最終更新日:
2017.12.28
印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA