Advantage Austria ナビゲーションを表示する

概要

農林業はオーストリア経済を担う重要な産業のひとつで、輸出にも大きく貢献しています。求めるものも多様で、最新かつ革新的なテクノロジーを要求される外国市場は、オーストリアの農林業にとってハードルが高くとも、大変魅力的な市場です。市場に関する正確な知識とパートナー固有のニーズの把握を通して、オーストリアの農林業技術産業は、種苗機械や収穫機械、畜舎用設備、農薬・肥料、森林伐採機械などを全世界の顧客に提供しています。そのほか、動物や遺伝子技術などの分野においても、オーストリアは新市場の開拓に継続的に成功しています。

内容一覧:

革新的な技術

最新の農林業技術に求められるのは「革新性」です。それにより構造的変化への対応ができるようになるからです。また、自明のことですが、この分野でも近代的な IT 技術の利用が進んでいます。オーストリアは、高度の品質意識に支えられて作られた高性能の農林業技術製品各種を諸外国に輸出しています。以下はその一例です。

  • 種苗機械
  • 収穫機械
  • 施肥機械
  • 畜舎用設備
  • バイオガス設備
  • サイロ / 給餌設備
  • 測候設備
  • 木材搬出機械
  • 木材伐採機械

最新技術レベルに対応したその他の製品各種 

精密農業

今の時代にふさわしい、信頼性の高いオーストリアの技術の例は、GPS ナビゲーション / マッピング システムを装備した農業用トラクターです。これにより、たとえば施肥量を狙いどおりにコントロールできます。 

業界団体

オーストリアの農業機械、農業機器および林業技術製品メーカーは、オーストリア 金属技術産業協会 に加入しています。

この 金属技術産業協会 は欧州木材加工機械工業連合会( EUMABOIS )と欧州農業機械工業連合会( CEMA )に加盟しています。 CEMA と EUMABOIS は現在 14 カ国の関係業界の利益を代表して国際レベルで活動し、展示会の開催などを行っています。

世界で活躍

オーストリアの農林業技術はさまざまな分野で世界の頂点に位置づけられています。オーストリア企業が世界のマーケットリーダーとして活躍しているセグメントも少なくありません。輸出先は欧州域内だけでなく、中国、日本、米国などにも及び、品質の高さで高い評価を得ています。

新興市場で需要が拡大

スロバキア、スロベニア、チェコ、ハンガリーなどの EU 諸国、あるいはロシアやウクライナなどでは、農林業が国民経済の重要な部分を占めています。オーストリアはこれら諸国の農林業が抱える技術の近代化への大きな需要に応えられる立場にあり、実際にさまざまな市場に最適なソリューションを輸出しています。

林業技術の輸出先

林業技術の輸出先として近年ダイナミックに発展しているのが、中央アジアおよび南アジアです。東欧、ロシア、さらにトルコを含む中東諸国に対しても好調な推移を見せています。中央欧州地域は伝統的に林業技術を得手とする土地柄であり、地の利を活かし、オーストリア企業はドイツや北イタリア、チェコの企業と提携、あるいは部品の納入を行っています。

最終更新日:
2017.11.13
印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA