Advantage Austria ナビゲーションを表示する

概要

オーストリアでは、すでに以前から原材料の使用に当たって、ARA システムと廃棄物の熱を再利用することで、サステナブルな方法を取っています。そしてオーストリアは、水質管理のための測定技術での世界的マーケットリーダーの本拠地でもあります。環境技術は、この豊かな地下資源があり健全な自然が十分に残っている国では昔からの伝統となっています。そして、この技術は経済のなかで確かな位置を獲得しています。環境技術での一件の雇用は旧来の産業界で二件の雇用を生み出します。

ほとんどすべての一般家庭、すべての自治体施設、すべての公共施設、すべての製造プラントに環境技術が使われています。この技術は目につかないことが多く、当たり前のもののように思われ、それが無くなって (失われて) はじめて気がつくことが少なくありません。この業界のオーストリア企業の過半数は中小企業で、環境技術についての各社の独自の知識と能力を世界中の顧客に提供しており、その輸出割合は 80% を超えています。

エネルギーと環境技術産業は、資源の確保と気候/環境保護ソリューションに携わっています。オーストリアでは、革新性、テクノロジー、市場をリードする企業が、再生可能エネルギーと環境技術の分野に集中しています。1970 年代当初から、社会的および政治的なレベルで、生活の質を維持するための環境保護の重要性が認識されています。オーストリアの優れたテクノロジーに裏打ちされたソリューションは、全世界のお客様に、未来の課題に対応するソリューションを提供します。

  • 廃棄物処理、リサイクリング、熱利用、バイオゲン残留物質の処理
  • 大気汚染対策と測定
  • 水供給、水処理、飲料水浄

この産業は革新技術を追求し、輸出志向です。企業は実践的なソリューションの開発に取り組んでいます。特に重視しているのは、持続可能な経済と材料の循環を維持することです。 

効率的な環境技術

オーストリアの環境技術産業では多くの中小企業が活動しています。技術開発が急速に進んでいる分野です。目的に合わせた法的措置もこの活動を推進します。 

オーストリアの専門会社はお客様に革新的なエコ技術を提供します。革新的なエコ技術は直接的なプラスの経済効果があります。リサイクリングの分野では市場で新しい開発が行われており、この産業分野全体の駆動力となっています。オーストリアは、ガラス、紙、金属、バイオゲン物質の再利用で高い水準を誇ります。一般廃棄物の再利用はおよそ 60% です。オーストリア企業は、テクノロジー、流通および組織面のプロセスとサービスについてのノウハウがあります。 

歴史に根ざした未来の技術

100 年を超えて、オーストリア企業は革新的なグリーンテクノロジーの分野で世界をリードしています。1913 年にオーストリア人エンジニア、ヴィクトル・カプラン(Viktor Kaplan)が開発したカプラン水車は、今日でも水力発電の分野で駆動テクノロジーとして活用されています。オーストリアの太陽熱エネルギー分野は成功を収めています。オーストリアのリサイクリング技術とシステムは全世界で活用されています。 

21 世紀になるまで、オーストリア企業は、水保護、大気汚染対策、廃棄物管理に重点を置いていました。実証されたこの分野のテクノロジーは世界中で活用されています。オーストリア企業が取り組んでいる最新の課題分野には、リサイクリングプロセスの継続的な最適化と循環経済、水処理および生物学な水浄化についての革新的なアプローチなどがあります。 

科学に裏打ちされた環境テクノロジー

環境技術産業はさまざまな分野の専門担当者を必要とすることから、教育訓練が大変重要です。オーストリアは専門担当者育成のために取り組んでいます。例えば、グラーツ工科大学 でバイオ資源分野の専門家向けの課程を履修できます。グラーツ工科大学では、5 ヶ国から集まった 13 人の提携科学者が、グリーン・テック・クラスター・シュタイアーマルク の下で、バイオ資源分野の 2 つの新しい修士課程設置の準備を進めています。持続可能エネルギーの革新技術のためのヨーロッパネットワーク(「eseia」)は、新しい産業職業プロファイルである「バイオ精製エンジニア」と「バイオ資源バリューチェーンマネージャー」の開発を支援しています。 

最終更新日:
2018.02.07
印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA