Advantage Austria ナビゲーションを表示する

概要

オーストリアの出版業界は、小規模で専門的な出版社が多いことが特徴です。その 81% は従業員数が 10 人以下です。広告市場も特に小規模、中規模の会社が中心となっています。オーストリアの広告代理店の 70% が、対ヨーロッパ比較で十分に競争可能な EPU (一人企業) です。

メディア産業

オーストリアのメディア産業は、テレビ、ラジオ、印刷メディアで構成され、テレビメディアが比較的重要です。地方ニュースを取り扱う多数の地方放送局に加え、全国放送局もあります。 

テレビとは異なり、オーストリアのラジオは依然として主にアナログ放送です。全国放送局に加えて、多数の地方放送局があります。あらゆるジャンルを取り扱います。印刷メディアも多様です。

広告

広告産業では印刷メディアが主流です。国際的な比較でも、印刷メディアにおける広告活動は高い割合を占めます。広告市場ではオンラインメディアがますます重要になっています。オーストリアの広告代理店は、目立たないもの、その国際的な活動は成功を収めています。 

出版

オーストリアの出版産業はいくつかの特徴があります。例えば、児童図書や文芸書などの特殊書誌で優れた能力があります。ドイツ市場と同様に、オーストリア市場でも書籍価格は固定されています。

オーストリアの国内メディアと広告市場は小規模です。存続のために、オーストリア企業は独創性と柔軟性が求められます。また、お客様にご満足いただける品質を提供する必要があります。

トレンドセッター

広告産業の企業はトレンドを設定し、未来の課題に対応します。出版、メディア、広告の 3 つの分野では、デジタル化に向けた明瞭な開発方針があります。これらの産業の企業は、この方針に対応するコンセプトの確立に取り組んでいます。例えば、メディア製作者は、ポータブルエンドデバイスにも対応するコンテンツを準備する必要があります。

出版会社では、企業の集約化が進んでいます。デジタル製品の需要が高まっていますが、印刷メディアも健在です。オーストリアは新聞購読の伝統があります。 

オーストリアの広告代理店はオンライン広告に注力しています。公告はデジタル化のパイオニアでありリンクです。さまざまなメディアチャンネルのユーザー向けに適切な(視覚)言語を提供します。

digi 4 school」

このスローガンの下で、オーストリアの教科書出版会社の執行グループは、2013 年以来、授業向けのデジタルコンテンツの開発に取り組んでいます。出版およびメディア産業は現在と将来の機会をメディアミックスに追求します。印刷された教科書をデジタル学習コンテンツと組み合わせます。

最終更新日:
2018.02.23
印刷