Advantage Austria ナビゲーションを表示する

R&D 助成制度

Förder-Geld © photocase.com/koli

© photocase.com/koli

研究開発( R&D )支出は、 EU (欧州連合)の法規で原則として助成適格科目として認められています。その際、 R&D 投資を行う場所と企業規模については特に制約はありません。

研究への助成は補助金、貸付、保証といった直接的なものから、研究開発費用に対し税的優遇措置をとる研究プレミアムといった間接的なものまであります。助成方法は研究計画の種類や企業規模によります。

税制面からの研究助成: 研究プレミアム

研究または実験的な開発への支出に対し、企業は研究費用の12%という研究プレミアムを後から適用させることができます。委託研究に関しては、一会計年度に対し最高100万ユーロまでの費用に研究プレミアムを利用することができます。

社内研究のために研究プレミアムを利用する場合には、オーストリア研究促進庁(FFG)の専門的な所見が必要となります。研究プレミアムは課税対象者の税口座に振り込まれます。

以下の促進機関は様々な助成方法とサービスを提案し、研究を推進する企業を支援します。

オーストリア研究促進庁(FFG)

オーストリア研究促進庁(FFG) はアプリケーションの研究、テクノロジー、イノベーションにまつわる補助金や資金提供に携わる中心的な機関です。

オーストリア経済サービス(Austria Wirtschaftsservice - aws)

オーストリア経済サービス(aws) はオーストリア共和国の投資振興銀行として、研究やテクノロジーに従事する企業の設立を、低金利のERPローン、補助金、保証を提供といった面から支援しています。

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA