Advantage Austria ナビゲーションを表示する

健康

優秀な医療事情に根ざしたオーストリアの健康保険制度は世界で最も優れた制度の一つとなっています。医療技術への高い投資により国内医療施設は先端医療技術を装備しています。最適な健康保険、ニーズに応じた健康管理サービスとその結果としての予防はオーストリアの健康保険制度の最優先事項です。

オーストリアでは健康保険制度は社会保険税と租税から大部分の資金を調達していますが、処方手数料、自己負担、入院費または民間健康保険の保険料からも僅かに調達されています。

公的健康保険給付は健康保険と事故保険を包括しています。これらの給付内容は、例えば入院や通院処置、医療上のリハビリ、医薬品、治癒補助付加金、健康診断・予防診断、出産時の週間支給などを含んでいます。通院処置の場合は担当医師と病院訪問担当医が管轄となり、入院処置の場合は病院が担当します。

全ての非自営業者は強制保険に加入しなければなりません。大部分の自営業者も強制保険への加入が義務付けられています。子供、配偶者、住民登録されている同居パートナー、子供のいる家庭内の婚外同棲者も保険料を負担することなく保険に加入されます。自己負担保障も特定の前提条件を満たせば可能です。

被保険者と家族は公的医療の診療が受けやすくなっています。健康保険基金契約を持つ地元医師および公的医療施設での医療処置を受けることができます。処方料、自営医師、民間病院、一部の付加給付または入院時の日額給付など一部の支払いは自己負担になっています。健康保険が無い人は利用した医療給付の全額を自己負担することとなります。

従業員の自己責任によらない疾病については雇用主が特定期間の医療費を支払いますが、これは事業者への所属形態や雇用関係の種別により異なってきます。その後は疾病を持つ従業員は健康保険基金から疾病手当を支給されますが、その額は給与よりは低額となっています。

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA