Advantage Austria ナビゲーションを表示する

住宅事情と生計費

Sitzmöbel im Wohnraum © ADVANTAGE AUSTRIA

© ADVANTAGE AUSTRIA

環境クオリティに始まり、豊かな文化遺産から、この国ならではの体験、人々との交流に至るまで、オーストリアには人を惹きつける要素が数多く存在します。行き届いた治安、近場にあるショッピング / レジャー施設、生活水準の高さ、一定の生計費水準などから、オーストリアはライフ クオリティの高い国として広く認められています。

ほどほどの出費で豊かな暮らし

芸術文化の香りが高く、生活を最もエンジョイできる国のひとつとされながら、生計費は決して世界最高レベルではありません。「2012年世界生活環境調査‐都市ランキング」を発表したマーサー社によると、ウィーンでの生活費はリーズナブルなレベルです。家賃、公共交通機関、余暇活動、食品、衣料品といった項目からなる214都市に住む外国人従業員を対象とした生活維持費の調査においてウィーンは48位となっています。

日本の首都である東京は外国人居住者にとって世界中で最も費用がかかる都市です。昨年1位であったルワンダ(アンゴラ)は2位、大阪は3位にランクされています。ヨーロッパではスイスのジュネーブとチューリッヒを抑え、モスクワが最も生活費のかかる都市となっています。

オフィスの賃料とアパート / 戸建て住宅の賃料 / 買い取り価格でも、ウィーンは中部欧州で最も安い部類に属しています。 

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA