Advantage Austria ナビゲーションを表示する

インフラ

走る列車 © ADVANTAGE AUSTRIA

© ADVANTAGE AUSTRIA

効率的な交通網、確実なエネルギー供給網、最新の通信インフラなど、インフラに関してオ-ストリアの「ネットワーク」は非常に優れています。

交通インフラ

オーストリアは地理的に欧州の中心に位置しているばかりではありません。数多くの国際企業にとって東西の流通拠点やロジスティクスの基点として中心的な役割を果たしています。

効率的かつ費用対効果の高い製品輸送の前提は、優れたインフラ、確かな運送業者、戦略的に恵まれたロジスティクス地域です。オーストリアは企業に対してこれらの利点を提供しています。国際的な比較においても、既存のインフラの質には高い評価を得ています。

オ-ストリアの流通業のインフラは、ハイラック倉庫、広い積替え作業用地、交通の便の良さを備えた最新のターミナルが特徴です。そしてブロードバンド接続や全国に広がる携帯電話エリア、優れた電子取引処理手段などを備えた一流の通信インフラを当然備えています。

経済ファクターとしてのICT

オーストリアのICT部門は経済的付加価値のおよそ7.6%を生み出しています。一般的なテクノロジーとしてもICTは他の部門に影響を与え生産性を強化しています。間接的な影響を含めるとICT部門の生産価値は310億ユーロに上ります。総合的に捕らえると、ICT分野はオーストリアにおいて約226,000の仕事を確かなものとしています。(出典:オーストリア電気エレクトロニクス産業協会)

集中的な研究のための確かな基盤

世界市場で成功するためには集中的な研究が必要となります。研究促進エージェンシー(FFG)はヨーロッパにおけるICT研究場所としてオーストリアを上位3位に評価しています。2006年にはICT部門の総研究費は既に13億7,000万ユーロに達していました。オーストリアのICT企業はEUフレームワーク・プログラムも活用しており、最近では資金提供からの還元率は185%を示しています。

企業による研究は「将来のICT」といった公共の専門促進プログラムなどの支援を受けることもできます。ICT研究の多くは、15億ユーロの支援を受けているCOMET(Competence Centers for Excellent Technologies)と同様、企業と研究施設が共に定められた研究プログラムに従事します。このようなセンターの多くはICT研究に重点をおいています。

世界でもトップクラスにあるオーストリアのノウハウ

オーストリアのICTサプライヤーとユーザーは、世界市場において自社の製品で競い合っています。その範囲は、半導体製作、アプリ・プロバイダー、オートメーション・スペシャリスト、アクセス・システムの開発など多岐にわたります。ICT拠点としてのオーストリアの強みは、インターネット接続98%、ブロードバンド接続93%以上といった企業自身の情報通信技術の使用にも反映されています。(出典:オーストリア統計局)

オ-ストリアでは欧州で最も電子政府が発達

オーストリアは欧州で最も電子政府(英語) [pdf, 70.8kb]が発達した国の一つです。最新の電子政府ベンチマーク2015によるとオーストリアはオンラインの「接続」並びに「利便性」の指標で欧州最高の国に属しており、欧州平均に比べはるかに優れています。オーストリアは、比較的低い投資額でそのような高い水準を達成しています。欧州委員会依頼による電子政府サービスの発展に関する第10回目の報告書では、30のヨーロッパ諸国(EU加盟国の28カ国、及びノルウェー、アイスランド)の状況が述べられています。

最終更新日:
2017.04.11
印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA