Advantage Austria ナビゲーションを表示する

ウィーン大学650周年

2015.04.30

Alma Mater Rudolphina Vindobonensis(ウィーン大学)はドイツ語圏における最古の大学であり、欧州内でも最も歴史ある大学のひとつである。

ウィーン大学 は1365年3月12日にルドルフ4世によりパリのソルボンヌ大学を手本として設立された。学術機関の1つとして設立されたウィーン大学は650年に渡りヨーロッパの精神性を構築し、今もなお創造し続けている。

今日、約9,700名のスタッフが19学部を擁するウィーン大学に従事している。ウィーン大学は180ものカリキュラムを約92,000名の学生に提供するオーストリア最大の研究機関、かつ教育機関である。更に、留学生を通じ都市と世界に対する重要な架け橋となっている。

中でも、卒業生マップ(Alumni Map(ドイツ語) )には過去から未来への変遷を見ることができる。卒業生マップは、世界中のウィーン大学卒業生に対して、仮想会議の場所を提供。活発な卒業生コミュニティが構成されることにより、個人の利益に留まらず、メンターや経験者、発案者などとして、卒業生は大学の将来に対して貢献が可能となる。

卒業生コミュニティは、現在ウィーン大学のおよそ200,000名の卒業生から構成されており、企業、文化事業、メディア、スポーツ、学界、政界などあらゆる場所で活躍している。

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA