Advantage Austria ナビゲーションを表示する

オーストリアのノウハウが日本の遊園地へ

チロルに拠点を置くSunKid社は世界初のポータブル屋外向け歩行者用コンベアーベルトZauberteppich®(魔法のじゅうたん)を開発しました。これはスキー場だけではなく、遊園地、展示場やイベント会場、スポーツ施設や他の多くの場所でも使用することができます。

企業グループの主要な事業分野である、遊園地やハイキングコース、小さなスキーリフトや資材用ロープウェイの製造や販売のほか、遊び場、テーマパーク、ハイキングコースなどの設計と製造にも携わっています。

Sunkid 社はアジアにおいても非常に大きな成功を収めています:

東京から自動車で2時間半ほどの場所にある長野県、白樺リゾート・ファミリーランドにSunkid社は、乗客が中心の垂直柱の周りを巡り、タワー最上部では素晴らしい眺めを楽しむことができるタワー・アトラクションを納入しました。

想像力豊かなデザインは日本の伝統的な大きな傘(和傘)にヒントを得ています。このタワーは僅かな場所に設置することができると共に(設置スペース直径6m)、多くの方に楽しんでいただけます(最大320名/時間)。

 1964年、東京近郊に開業したよみうりランドは日本でも最大規模の大変有名な遊園地です。丘陵の緑豊かな風景に囲まれた遊園地には、訪れる人々のために様々な乗物やウォータースライダーなどが設置されています。ここにもSunkid社は「仕事&工場」をモットーに新設された部門のタワー・アトラクションを納入。文房具である線引きや三角定規などがモチーフとして設計されています。
最終更新日:
17.08.2017
印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA