クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

租税

キーボードの「%」マーク © photocase.com/sushi100

© photocase.com/sushi100

オ-ストリアには、企業にとって魅力的な税制度が整っています。私人に対する二重課税を回避するために、数多くの国々と協定を締結しています。こちらでは、主な課税方式に関する概要をご案内いたします。

内容一覧:

法人課税

法人税

オ-ストリア在住の法人、なかでも物的会社(株式会社、有限責任会社)には、全所得に対して法人税が課税されます。この際、利益には25%の一律税率が課せられます。

BAK Taxation Index 2015(ドイツの欧州経済センターと共同してBAKバーゼルが発表)によると、オーストリアの実質平均税負担は22.4%であり、イタリア(23.1%)、ベルギー(27.0%)、ドイツ(29.3%)、フランス(34.9%)より低い課税率を示しています。

本社に大きな利益となるグループ課税

世界的な会計監査法人KPMGの専門税理士によると、企業はグループ法人課税の活用により一層の恩恵を受けることができます。国際企業や国外支社を擁する小規模な外国企業にとって、オーストリアにビジネス活動の拠点を移すことにより大きなメリットがもたらされます。オーストリアにはビジネス拠点設立に対する優遇規定があり、東欧地域を担当する主要拠点を設立に対して特に優れた地域となります。

グループ課税制度では、国内のグループメンバーの利益および損失と、外国のグループ子会社の損失が相殺されるため、法人税の計算ベースが引き下げられます。グループ課税は、持分が50%以上、株式1株以上で利用できます。

企業買収の際、新たな企業価値は15年間にわたって控除できますが、これは現在オ-ストリア以外の国々では不可能です。

控除制度

数多くの課税控除を活用することにより、企業の実際の税負担は22%に軽減されました。

BAK Taxation Index 2015(ドイツの欧州経済センターと共同してBAKバーゼルが発表)によるとオーストリアの資本会社の実質税負担はおよそ22.4%にあたります。 その為、損失額控除や含み資産の持ち越しのような多くの減価償却の方法を活用することができます。

研究費税額控除

2016年の初め現在、企業内研究開発ならびに契約研究者に対する支出への研究割増金は10%から12%に上昇し、企業の革新の基礎はさらに改善されました。この割増金は研究用を対象とし、現金で支給されます。

資本収益税

私人、人的会社ならびに個人事業主の場合の資本収益税率は25%ですが、この課税により既に所得税が何重にも支払われています。

他の国では非常によくみられる営業税や財産税などの税負担は、オ-ストリアにはありません。

自然人への課税

自然人が、オ-ストリアに居住しているか、オ-ストリアを通常の滞在地としている場合、その人物の全世界所得(国内外での全所得)に対してオ-ストリアの所得税が課税されます。ある人物がオ-ストリアに183日を超える日数滞在する場合、オ-ストリアはその人物の通常の滞在地となります。滞在期間が183日未満で住居も構えていない場合は、オ-ストリアの特定の収入源から得た所得に対して限定的な納税義務が発生します。

所得税の課税対象となるのは、納税義務者が以下のような所得種から得る所得です。

  • 農林業所得
  • 自営業所得
  • 営業所得
  • 非自営業所得
  • 資本資産所得
  • 賃貸所得
  • その他の所得

上記に挙げた所得種は完全に網羅されています。すなわち、上記の所得種に該当しない所得に、所得税は課税されません。

自然人の所得に対する税率は、0~55%の累進課税制となっています。

関連ダウンロード

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA