クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

両国の友好を深める恵みの水、アルプクエル

Alpquell_Japan
25.02.2008

チロル地方は自然に囲まれたオーストリアの中でも、数百年の歴史を経た建物が立ち並ぶ美しく豊かな大自然が広がる地。アルプスに抱かれたこの地にはいたるところに鉱泉があり、恵みの水が湧き出ています。

なかでも1775年マリア・テレジアは、帝国全土にヒーリングウォーターやミネラルウォーターの源泉の情報を集めるよう指示を出しました。

マリア・テレジア統治の時代より「黄金の鉱泉」として知られ、チロルの人々に愛されてきたのが「アルプクエル」。
ミネラルを豊富に含む「アルプクエル」はチロル地方では暮らしに欠かせない貴重なミネラルウォーターです。
チロル地方の人々が愛する「アルプクエル」に注目し、日本に紹介したのが、熊本大学名誉教授の前田浩先生。
それを受けて2007年アルプクエルジャパンが設立され、日本に初上陸しました。
現在、オーストリアのインスブルグ大学・イエネヴァイン教授、京都府立医科大学・吉川敏一教授との産学協働により、含有するミネラル成分と、美容・健康との関わりが研究されています、「アルプクエル」 --- この水によってチロルと日本の文化交流がさらに深まることは、間違いないでしょう。

■ 主な栄養成分 (1000 ml 当たり )

カルシウム 250.9 mg
マグネシウム 41.1 mg
サルフェート 587.5 mg
重炭酸塩 246.0 mg


お問い合わせ先
アルプクエルジャパン
〒530-0047 大阪市北区西天満 5-8-8 VEGA VI 2F
株式会社日本プロスペリティセンター内
Tel: 06-6364-7433
Fax: 06-6311-9553
URL: http://www.alpquell.jp

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA