クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

成長を続けるオーストリアのワイナリー 

wine © ADVANTAGE AUSTRIA

© ADVANTAGE AUSTRIA

26.06.2008

オーストリアワインはヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトにも嗜まれていた。今日、オーストリアワインはモーツァルトにちなんだチョコレート菓子と同様に世界中で親しまれている。
(本件はオ-ストリアからのニュースですが日本語でお伝えするため国内のニュース欄で紹介しております。)

特に近年、オーストリアワインは大きな成果を挙げている。高品質を誇るオーストリアのワイン は、オーストリアのワイナリーに大きな成功をもたらしている。国際的なイベントにおいても数多くの賞を獲得し、ワイナリーやブドウ畑が描き出す見事な田園風景は格別である。 
ワインとワイン栽培、オーディオストリーム(英語) [mp3, 894.8kb]

オーストリアワインの生産地 は次の 4 つのエリアから構成される: :

  • "Weinland Oesterreich" (ニーダーエーステライヒ州とブルゲンラント州) 、
  • "Steirerland" (シュターヤーマルク州)、
  • “Wien“ (首都ウィーン、700ヘクタールを誇る都市内のワインの産地)、
  • "Bergland Oesterreich" (山岳部を含む他のエリア)


収穫に恵まれない年が2年続いたが、その後の2007年には収穫は16%上昇、ワインの生産量は260万ヘクトリットルにも上った。オーストリアでは160万ヘクトリットルの白ワイン、100万ヘクトリットルの赤ワインが生産された。およそ30種類のブドウ品種がクヴァリテーツヴァインの生産用として正式に分類されている。オーストリアの主要品種はグリューナーヴェルトリーナーで、ブドウ栽培地の約36%を占めている。さらにヴェルシュリースリング(8.91%)、ミュラー・トゥルガウ(6.78%)、ヴァイスブルグンダー(6.05 %)へと続く。赤で主流を誇るのは ツヴァイゲルト(8.97 %)であり、ブラウフレンキッシュ、ブラウアー・ポルトギーザーと続く。

2007年には560 億リットルのオーストリアワインが輸出され、その価値は1050億EUR 以上と言われている。3大輸出相手国はドイツ、スイス、アメリカ。 

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA