クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

ハリウッドでもオーストリア製メガネが愛用

Silhouette © Silhouette International Schmied AG

© Silhouette International Schmied AG

26.05.2009

それは全てリンツから始まった - これはまさに家族経営企業Silhouette社のサクセスストーリーを語る言葉である。1964年に設立され、今日ではその優雅なアイウェアは多数のハリウッドスターに愛用されている。行程の80%が手作業によって仕上げられるリンツ製造のメガネは、NASAのミッションで使用されるなど活動の場所を宇宙へと広げている。
(本件はオ-ストリアからのニュースですが日本語でお伝えするため国内のニュース欄で紹介しております。)

時に、自国ではあまり有名とはいえない製品が世界中で求められているということがある。メガネフレームを製造するリンツの家族経営企業Silhouette International Schmied (シルエット)社がその好例といえるだろう。トム・クルーズやダスティン・ホフマンといったハリウッドの名優はシルエットを愛用している。しかし、アメリカの大スターのみがオーバーエーステライヒ州の優雅なデザインフレームを賞賛している訳ではない。アメリカ国立航空宇宙局(NASA)もまたSilhouette製のメガネに信頼を寄せている:ネジを使用せずに固定されたフレームは宇宙でも対応できる唯一の規格なのである。行程の80%が手作業によって仕上げられるSilhouetteブランドのふち無しメガネ、約200万本が毎年リンツから出荷されている。

Silhouette社の事業はデザイン、製作、メタル・プラスチック製のふち無しメガネやサングラスの販売である。自社ブランドのみならず、adidas eyewear (アディダス アイウエア)や
Daniel Swarovski crystal eyewear (ダニエルスワロフスキー クリスタル アイウエア)などのブランドも手がけている。1964年にリンツで創業を開始し、現在は2代目にあたるArnold と Klaus Schmied兄弟によって経営されている当企業では全世界約1630名の従業員が従事している。毎年約300万本のメガネフレームが製作され、その95%が輸出されている。

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA