クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

Lenzing 欧州とアジアに数百万EURの投資

Lenzing © Lenzing AG Markus Renner

© Lenzing AG Markus Renner

24.12.2009

経済危機の終焉を確信し、セルロース繊維の世界トップメーカー、Lenzingグループは欧州およびアジアにおいて今後2年間に渡る1億2000万EURの投資を生産拡大の為に決定した。
(本件はオ-ストリアからのニュースですが日本語でお伝えするため国内のニュース欄で紹介しております。)

オーバーエーステライヒに本社を構える上場繊維企業Lenzing (レンチング)社は今後2年間に渡り生産量を増大させる計画を打ち出した。世界を代表するオーストリアのセルロース繊維メーカー、Lenzing社製の繊維に予想される需要に応えるため、総額1億2000万EURの投資が欧州とアジアに対し行われる予定である。中でも中国、韓国、インド向けの特殊繊維の輸出は急速に伸びている。
「テンセル」繊維を製造し、世界中の織物企業に輸出を行っているオーストリア、ブルゲンラント州にあるハイリゲンクロイツ工場では年間生産量を1万から6万トンへのシフトを目標としている。イギリスのグリムスビー工場では新しい「テンセル」繊維製造の為、設備移行が行われる予定である。オーバーエーステライヒ州にある本社ではセルロース繊維生産を25万5000から26万トンへの増加を計画している。

Lenzingグループは5900名の従業員を擁し、2009年の四半期中、1期から3期までの間に9億EURの売上を計上した。 

関連リンク

 
Lenzing社
印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA