クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

ドバイ: 世界で最も高い建築物の建設にオーストリア企業が積極的に参加

16.02.2010

地上828メートル、189階建、建築費9億7000万EUR - 以上が世界一高い超高層ビル、ブルジュ・ハリファの基本データである。数々のオーストリア企業が当ビルの竣工に関与し、大きな成功を収めた。
(本件はオ-ストリアからのニュースですが日本語でお伝えするため国内のニュース欄で紹介しております。)

世界一高い超高層ビル、ドバイのブルジュ・ハリファは6年余の建設期間を経て竣工した。当超高層ビルの建設には、Umdaschグループの型枠専門企業Doka 社(本社:ニーダーエーステライヒ州アムシュテッテン)を始めとする数々のオーストリア企業が参加している。ウィーンの鉄鋼グループWaagner-Biro (ワーグナー‐ビロ)社はエントランス・パビリオンを施工、voestalpine (フェーストアルピネ)社(本社:オーバーエーステライヒ州リンツ)はコンクリート基盤の強化版を納入した。

ビル外装に取り付けられた照明溶接にはLaser & More (レーザー&モア)社(本社:オーバーエーステライヒ州ウェルス)の技術が生かされている。合成樹脂メーカー、Isosport (イソスポーツ)社(本社:ブルゲンラント州アイゼンシュタット)は耐久性が極めて高いポリプロピレン製ボードを納品した。更に、Ecotherm (エコテルム)社(本社:オーバーエーステライヒ州ハルトキルヒェン)は11基の給湯システムと暖房用ボイラーを設置している。

現在進行形の内装に関しても、オーストリア企業は更なる受注を期待している。

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA