クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

オーストリア・ドナウ大豆協会視察旅行 報告

16.12.2014

10月7日から16日にかけ、オーストリアの大豆関係者が来日し、 日本の大豆市場について視察を行ないました。

今回の視察は、2014年がオーストリアにはじめて大豆が植えられて140周年の記念の年であるという背景から企画されました。
今をさかのぼること140年前、1873年に行われたウィーン万博において日本が初めて大豆をヨーロッパに紹介しました。これをきっかけに日本から大豆を輸入し、ハプスブルク帝国内約280箇所という極めて大きな規模で栽培が始まりました。
視察にはオーストリアでも最大のオーガニック大豆農家や豆腐などへの加工業者、料理研究科や研究機関から担当者が参加。日本各地の研究機関、大豆栽培関連機器メーカー、豆腐屋、豆乳製品のカフェ、納豆・味噌・醤油メーカー、大豆農家などを訪問し、業界団体とも情報・意見交換をしました。
良質な植物性たんぱく質である大豆はオーストリアでの関心も高まっており、11月にはNHK BS1の世界各国のニュースとして取り上げていただきました。ひょっとすると、オーストリア産大豆製品が日本に上陸する日も近いかもしれません。

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA