クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

オーストリア視察団 日本の高齢化に対する技術と革新を学ぶ

27.10.2014

10月14-16日の3日間、日本の高齢化社会に対応する技術革新を学ぶためオーストリアの視察団が来日し、日本の官公庁、研究機関、企業などを訪問いたしました。 

OECDのレポートによると2015年には65歳以上の人口が約25%を占めると予測されている日本の高齢化の状況は、オーストリア企業にとっても大変興味深いものとなっています。

欧州ビジネス協会の医療機器委員会リスバーグ委員長からヨーロッパの視点を踏まえた日本の高齢化社会について、武見敬三参議院議員から日本の高齢化社会に対する政府のこれまでの対応や今後の政策についてご講演いただきました。

さらに、神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進局による神奈川の未病・特区コンセプト、COINS(Center of Open Innovation Network for Smart Health)研究推進機構、ソフトバンク、オムロンヘルスケア、サイバーダインなどの企業を訪問しそれぞれの成果、取り組みについて伺いました。

サイバーダイン社はドイツのNRW州に会社を設立しヨーロッパに向けてロボットスーツHAL®の展開を始めました。今後のオーストリアでの活躍も期待されます。 

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA