クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

第1回 日本-オーストリアR&Dトーク 開催

01.04.2015

3月23日にオーストリア大使館にて「第1回 日本-オーストリアR&Dトーク」が開催されました。

この度、初開催された日本-オーストリアR&Dトークではオーストリアと日本の研究開発や今後の技術協力の可能性などについて、プレゼンテーションとパネルディスカッションを通じ活発な意見交換が行なわれました。

プレゼンテーションの部ではオーストリアを代表しオーストリアン・インスティテュート・オブ・テクノロジー(AIT)の担当者が、オーストリアがいかにEU内でのトップイノベーターの国へと躍進していくかについて提示し、日本からはトヨタ自動車株式会社、丹家明人技術管理部主査により「トヨタの技術発展ビジョン」が紹介されました。

パネルディスカッションの部では元オーストリア副首相 兼 財務大臣のハネス・アンドロッシュ氏をはじめ、オーストリアから来日したams社、Apeiron社の代表、AVL日本支社、オーストリア企業との長いビジネス関係を持つ日本錬水、オーストリアに支社を開設する日特エンジニアリングの代表や担当者によって熱いトークが繰り広げられました。いずれも、オーストリアと日本対する理解が深い方々であり、ディスカッションを通じて改めて両国の研究開発における潜在性が明らかになりました。「オーストリアのマイスター」と「日本のものづくり」との間のますますの発展を促すため、第2回R&Dトークの開催が期待されています。

ハードなディスカッションの後にはオーストリアの美味しい料理とワインを楽しむレセプションが開催され、参加者の緊張をほぐし懇親を深める良い機会となったようです。


第1回 日本-オーストリアR&Dトーク プレゼンテーション資料
The Austrian R&D System and Austria´s Performance in Science and Technology [pdf, 1,046.4kb]
Research & Development (R&D) and Government Incentives (GI) in Austria [pdf, 852.2kb]


写真左から) Lukas Kadawy(Apeiron Biologics AG)、磯田博(日特エンジニアリング株式会社)、野寄高宏(エイヴィエルジャパン株式会社)、Dr. Hannes Androsch(AT&S AG)、Dr. Thomas Stockmeier(ams AG)、藤垣聡(日本錬水株式会社)、ミヒャエル・オッター(オーストリア大使館商務部) / 敬称略

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA