クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

オーストリア連邦産業院に新しい総裁が就任

25.05.2018

517,000社を超えるオーストリア企業を代表するオーストリア連邦産業院(WKO)の新総裁に、ハラルド・マーラーが就任した。(本件はオ-ストリアからのニュースですが日本語でお伝えするため国内のニュース欄で紹介しております。)

18年に渡るクリストフ・ライトルの時代は終幕を迎えた。オーストリア連邦産業院の新しい総裁にはハラルド・マーラーが就任し、オーストリア大統領と首相の前で宣誓を行った。

経済的自由は成長、繁栄、雇用にとって最も重要な原動力であり、益々激化する国際競争、経済の重要性がアジアへとシフトする状況、デジタル化といった課題に対処するためには「経済についての新しくより幅広い理解」が必要であるとマーラーは述べている。

職務の引き継ぎはオーストリア連邦産業院にとって世代交代ともいえる。マーラーは、前任者クリストフ・ライトル同様、成功した企業家であり、先見性に富んだ楽観主義者でもある。今後、ライトルは欧州商工会議所連盟(EUROCHAMBRES)の会頭としての職務に専心する予定である。欧州商工会議所連盟は46のメンバーと1,700に及ぶ地域と地方の会議所からなるネットワークを擁する2,000万以上の企業を代表する組織である。

最終更新日:
29.05.2018
印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA