クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

コンラッド社製、世界初の建設機械搭載型タワーヤーダーによる木材生産デモンストレーション

08.07.2019

次世代森林産業展 2019 / FORESTRISE(8/1-3:長野)開催に合わせ、Konrad社製のハーベスタヘッドウッディ50をつけた世界初の建設機械搭載型タワーヤーダー(コンビヤーダー)、自走式搬器ウッドライナー、リモコン解放式チョーカーを用いた架線による作業システムの木材生産デモが行われます。

世界初の建設機械搭載型タワーヤーダーによる木材生産デモ
日時:  2019年8月1日(木)-3日(土) 10:00-17:00
場所: 長野県上水内郡信濃町野尻県有林
主催: 株式会社サナース https://www.sun-earth.jp/
事前予約制(必須)

デモンストレーション概要

  • ハーベスタヘッドウッディ50 をつけた世界初の建設機械搭載型タワーヤーダー(コンビヤーダー)自走式搬器ウッドライナーリモコン解放式チョーカー を用います。
  • 山から切り出した木材を自走式搬器でコンビヤーダーまで集材し、ハーベスタヘッドウッディ50で枝払い・玉切りの造材を1台で行います。
  • このコンビヤーダーを用いた架線による作業システムは少人数で行えます。
  • コンビヤーダーの設置は3人で行えます。
  • 木材生産の作業は2人で行えます。
  • 1人がチェーンソーで伐木し、ワイヤーを木材に巻きます。
  • そして自走式搬器をリモコン操作しコンビヤーダーに向けて木材を送り出します。
  • もう1人は、建設機械のキャビンの中で作業します。
  • リモコン操作で自走式搬器を所定の位置まで引き寄せます。
  • オートチョーカーをリモコン操作し木材をワイヤーから外します。
  • 荷外しの作業は危険がつきものです。
  • この危険な荷外しの作業を、作業者はキャビンの中から操作できるので安全です。
  • そして伐倒・造材・グラップルの機能を持つハーベスタヘッドウッディと建設機械を操作し枝払い・玉切りを行います。


当架線作業システムのデモの見学をご希望の方は必ず事前予約をお願いいたします。

デモンストレーション詳細・予約に関しましては株式会社サナースに直接お問い合わせください:  info@sun-earth.jp

世界初の建設機械搭載型タワーヤーダーによる木材生産デモ
https://www.sun-earth.jp/nagano2019  

最終更新日:
22.07.2019
印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA