クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

 世界的な将来のモデルとしてのオーストリアの農森業

27.07.2020

農林業分野に従事するオーストリア企業は持続可能性を備えており、ノウハウを持つ国際的なパイオニアとして知られている。(本件はオ-ストリアからのニュースですが日本語でお伝えするため国内のニュース欄で紹介しております。)

オーストリアは競争力があり多機能で包括的な農業と林業を行っている。主に家族経営による企業がオーストリア独自の文化的・山岳的景観を維持し、省資源的な生産によって高品質の食糧を国民に供給している。そして、気候変動に対するソリューションの一部として農業と林業における小規模な生産構造が持続可能な作業方法を支えている。農業地域のほぼ4分の1で有機栽培が行われており、オーストリアはEUをリードしている。

オーストリアの農業輸出は2019年に120億ユーロを超え、林業、製材業の輸出志向も強い。下流の経済部門(特に製材、木材加工、製紙、パルプ産業)や森林に基盤を置いた製品の生産者は重要な役割を果たしている。高品質のニッチ製品、原産地標示、地域製品に焦点を当てることは、一貫した品質戦略の一部として積極的な発展を促進する。

林業や製材産業においても、研修や継続教育、機械、モジュール、ツール、自動化ソリューション、労働安全といったテーマ等、オーストリアの専門知識は優れている。世界的な気候に対する課題は両産業にとって大きくなっている。

農業機械の製造や農業生産における自動化、デジタル化といった専門化とイノベーションは適切な備えに対する好例である。林業および製材部門では保護された木材の収穫や自然に近い林業、または多機能林業のシステムといったテーマが国際的に特に求められてる。

オーストリアの農林業に携わる主要企業、協力提起に関する詳細はFRESH VIEWの最新号から:
FRESH VIEW on Agriculture and Forestry; NO 168  [pdf, 13,176.1kb](英語/ドイツ語)

最終更新日:
29.07.2020
印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA