クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

概要

世界でも最大の木材ハイブリッド工法の商業ビルの一つ (高さ 21 メートル、幅 16 メートル、総延長 120 メートル) がオーストリアにあります。木造建築やパッシブハウス、プラスエネルギーハウスでは、オーストリア企業がスタンダードとなっています。

建設産業に直接依存しない川上と川下の産業を含めると、建設産業は、国内経済における最も大きな雇用者に数えられます。建設産業は資産形成にも貢献します。オーストリアの固定資産の約 70% は建築物です。

オーストリアの建設産業では、約 4,250 社でおよそ110,000 人が従事しています。この産業の企業構成はさまざまです。ターンキー建設に焦点を当てる大手企業や従業員数が 2~10人の伝統的な職人的企業があります。オーストリア最大の企業では、約 10,300 人の従業員が働いており、年間およそ 140 億ユーロの収益を上げています。 

オーストリアの重点: 持続可能性

建設および建材部門のオーストリア企業は、特に、建築におけるエコロジー分野で成功を収めています: 木材、粘土、石灰、石などの天然、生態学的、再生可能、または、再利用可能な材料を使用して建設し、天然材料を用いて絶縁処理を行います。

オーストリア企業は、木材建築、さらに、窓、床、家具などの木材製品の使用で世界をリードしています。特に、エネルギー効率性、生態学的な省エネ建築(低エネルギー消費、パッシブ建築物、プラスエネルギーハウス)、建築におけるデジタル化の分野で優れています。 

オーストリア企業は、エネルギーおよび環境保護の分野だけでなく、建物利用率についても未来の要件に対応します。この分野では、インテグラル建物およびモジュラー建物、多目的、および時代に合った建築(柔軟性とバリアフリー設計)のエキスパートが活動しています。

革新技術 

オーストリア企業は建材について素晴らしいノウハウを有します。長い伝統と革新的なソリューションを組み合わせます。例えば、オーストリア企業は、エネルギー効率に大変優れた屋内絶縁システム、機械を使用せずに処理できる乾燥コンクリート、独自の高品質レンガ、および、鉄筋コンクリート建設用の完全自動生産補強ケージを開発しました。

広がる未来

発展途上国および新興国の急速な都市化は、建築産業の未来の市場を開きます。例えば、2025 年まで、アジア太平洋地域の建設分野の市場ボリュームは毎年 7% の成長が見込まれています。 

新しい材料、最新の建築工法(大量生産のモジュール建築工法)と最先端のプラニングツール(キーワードはデジタル建設とインテグラルプラニング)を活用して、都市部における社会経済的に協調した建造物を構築し、大都市圏に効率性に優れた住宅を建設する必要性は、多くのチャンスを生み出します。

デジタル化の分野では、建築のバリューチェーンにおける「ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)」の確立に注力しています。

未来の建材: 環境に優しい有害物質の少ない建材に加え、エネルギー効率性を改善するソリューション(絶縁、隔離など)も大変重要です。

建設業界の今後の傾向: グリーンビルディング、木材建築、エネルギー効率性、スマート建物(超軽量コンクリート、スマート建材)、建設ロボット、有機建材の使用による健康的な住環境など。

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA