クッキーの設定

www.advantageaustria.org とお使いになっているサブドメインで利用できる、様々なツールのクッキーの設定を見て、変更できます。


設定を保存する
Advantage Austria ナビゲーションを表示する

概要

情報・コミュニケーション技術 (ICT) の分野はオーストリアでは大きな役割を果たしています。ほとんどすべてのオーストリアの家庭には携帯電話があり、40% 近くがスマートフォンでブロードバンドを使っています。オーストリア人がトップなのはユーザーとしてだけではありません。オーストリア経済はスマートフォンとタブレットの製造に大きく寄与しています。半導体チップやセンサー、小型スピーカーなどの部品の多くはオーストリアで開発され、製造されています。

オーストリアの通信市場は次の 3 つの領域に区分されます:

  • キャリア(通信ネットワークのオペレータ)
  • サービスプロバイダー(サービス、モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレータ)
  • サプライヤ(スマートフォンやスマートコンポーネントなど、通信ソリューションのメーカー)

この産業が直接提供する製品、システム、コンポーネント、サービスに加えて、情報通信技術(ICT)分野のオーストリア企業も間接的に価値創造に大きく寄与しています。研究と開発の助成と支援はオーストリアの伝統です。競争力のある革新技術は国際的に認知されています。 

オーストリアの大手通信プロバイダーは、540 万人を超えるモバイルネットワークと 230 万人の固定ネットワークカスタマーを有し、モバイル電話サービスと固定電話サービス向けの独自のネットワークを運営しています。同社は中央・東ヨーロッパの 8 ヶ国で活動しています。 

スマートフォンの例

あるオーストリア企業は携帯電話の世界最王手メーカー 10 社のうち 8 社にプリント基板を供給しています。オーストリアにある拠点では、主に、研究開発活動を行っています。オーストリア、中国、インド、韓国に生産拠点があります。 

オーストリアには安全な非接触識別システム向けのコンピテンスセンターを有し、世界的な活動を展開している企業もあります。このコンピテンスセンターでは、RFID(無線周波数識別)、スマートラベル、スマートタグ、スマートカード、NFC(近距離無線通信)と MIFARE向けに無線ベースの半導体を開発しています。オーストリアで開発された NFC(近距離無線通信)IC(集積回路)はスマートフォンやタブレットで使用されています。オーストリアの NFC(近距離無線通信)コンポーネントは 150 を超えるエンドデバイスで使用されています。

テクノロジーをリードし世界市場で活動するオーストリアの大手企業は、ミニアチュアスピーカーを製造しています。同社の製品は、通話の際や音楽や動画を再生する際に、完璧なサウンドを提供します。有名メーカーがオーストリアのスピーカーを採用しています。

オーストリア企業は、照明効果と照明管理のノウハウを有します。バッテリ性能を大幅に改善して、高性能な機器を生産しています。照明センサーの世界大手であるオーストリア企業は、ほとんどすべての大手スマートフォンメーカーにその製品を供給しています。これらのコンポーネントの研究、開発、生産は、オーストリア南部のシュタイアーマルク州で行われています。

10ヶ国に生産拠点を持つチロル地方の企業は、ディスプレイの機能にとって重要な塗装材料や、半導体層の製造向けのプラントコンポーネントを供給しています。

MEMS(微小電気機械システム)テクノロジーベースの世界最小スピーカーはオーストリア企業の製品です。同社は、NFC(近距離無線通信)チップ向けのアンプ、ジェスチャーセンサー、アナログノイズを抑制するマイクも製造しています。

安全性と責任

経済、政治、個人情報伝達で使用されるテクノロジーのプロバイダーは、製品、ソリューション、サービスの安全性に特に注意を払わなければなりません。オーストリア企業はこの責任を担い、革新的な技術を開発しています。

テレコミュニケーション産業はエネルギー節約に大きく貢献しています。例えば、送電網のインテリジェント制御(スマートグリッド)を可能にし、モビリティオプションをネットワーク化したり、バーチャル会議を活用して、二酸化炭素(CO2)排出量を削減します。 

通信機器の製造、使用、廃棄は、環境に対して大変悪い影響を及ぼす可能性があります。生産に掛かるエネルギー費用が嵩んだり、環境への悪影響があったりする場合、あるいは、稼働のために使用する電気消費量が多かったり、不適切なリサイクリングによって原材料損失が多かったりする場合など: この産業はこれらの分野で大きな改善の可能性があります。

未来の 5G

この分野の企業は新しい通信基準 5G に対応する技術の開発に取り組んでいます。データレート、容量、待ち時間、エネルギー消費の新しい要件を満たすことで、さまざまな次世代サービスを可能にして、新市場を開拓します。例えば、バーチャルリアリティー、自律走行車、遠隔医療、いつでもどこでも簡単に利用できるモノのインターネット(IoT)などの領域があります。

印刷
©©ADVANTAGE AUSTRIA