Inhalt

概要

Standard Content Module
196 の公立美術館と 176 の私立美術館、92 の近代・現代美術ギャラリー、60 の劇場、3 のオペラハウス、70 のフェスティバル - オーストリアには芸術と文化の国という素晴らしいイメージがあるのも当然のことです。
listen

オーストリアの国際的なイメージは、その大部分が芸術と文化に根ざしています。このポジティブなイメージはオーストリアの経済全体にも当てはまります。文化産業におけるオーストリアの優れたサービスと比類ない文化遺産は特筆に値します。

オーストリアの芸術と文化は今日に至るまで他のどの場所よりも盛んであり、多様で豊富な重要美術品、博物館、劇場、世界最高のコンサートホールがあります。

博物館・美術館とギャラリー

ウィーンの美術史博物館応用美術博物館ベルヴェデーレ宮殿アルベルティーナ美術館のコレクションは最上級です。シュタイアーマルク州にあるユニバーサルミュージアムヨアネウムには、12 の場所に 450 万を超えるコレクションがあります。オーバーエスターライヒ州のリンツにあるレントス美術館は壮観な美術館です。1,500 の絵画、彫刻、インスタレーション、10,000 の紙の作品、1,200 の写真のコレクションがあります。

オーストリアは、世界最大級の近代・現代芸術のアートフェアであるアート・バーセルに、毎年参加して注目を集めています。国内ギャラリーは、クラシックモダンから現代芸術まで、大規模な彫刻や絵画、ビデオ映像、インスタレーション、パフォーマンスなどを取り扱っています。 

ウィーンのギャラリーは急成長しており、「ウーマンパワー」が活躍しています。若い女性ギャラリー経営者は、過去数年間に新しい世界を開きました。熱意のある若い女性ディーラーたちは、大きなエネルギーを傾けて、芸術家としてのキャリアと新しいコレクター世代を築いています。 

MQ の事例

ウィーンのミュージアムクォーターは、世界最大規模のカルチャーエリアのトップ 10 に数えられます。博物館・美術館からルードヴィッヒ財団ウィーン近代美術館(MUMOK)、アートギャラリー、ウィーン建築センター、ウィーン・デザインフォーラム、ZOOM 子ども美術館など、20 を超える文化施設で構成されます。また、60,000m² の巨大な区域には、現代舞踏を専門とするウィーン・ダンスクォーターもあります。クォーター21 には、ファッションレーベル、マルチメディア企業、ラジオ局やテレビ局、Artists in Residence 居住・支援プログラム向けのアトリエがあります。

芸術を取り巻く環境

オーストリアは芸術家にとって優れた拠点です。賃貸料が比較的安く、幅広い支援があり、政治的な環境も適切で、社会制度はよく整備されています。教育訓練も優れています。応用美術大学造形美術アカデミーなどの機関は世界的に高く評価されており、最高水準の教師陣と熱心な学生の人気を集めています。

未来

オーストリアの施設と企業は、長い文化と芸術の伝統の恩恵を受けるだけではありません。例えば、芸術とテクノロジーのインターフェースなどの未来も追求しています。

アルスエレクトロニカ・センター・フューチャーラボは、未来に向けて、芸術、テクノロジー、社会の橋渡しの役割を果たしています。芸術的で試験的な活動を可能性を持つ未来のシナリオのスケッチとしてとらえます。アルスエレクトロニカ・フューチャーラボは、工業、クリエイティブ産業、および芸術、建物領域などの学術的な分野と直接連携して、素晴らしい活動を展開しています。アルスエレクトロニカ・フューチャーラボと提携し、アトリエや検査機関で研修者として働く芸術家や研究者がこの活動を支えています。

listen

最終更新日: : 12.09.2020