Inhalt

概要

Standard Content Module
オーストリアのチロル州で 1951 年に医学の歴史の一ページが書き加えられました。チロルの研究者が耐酸性のペニシリンをはじめて発見し、製造することに成功したのです。今日では、このパイオニアの工場から年間およそ 1 億 9 千万包の薬品が出荷されており、世界で最大の抗生物質メーカーの一つとなっています。オーストリアのバイオテクノロジー企業は、生命に危険のある病気に対する新しい化学薬品とワクチンの開発で国際的にトップクラスに位置しています。その研究費率は 21 %に達しています。
listen

バイオ技術は「主要産業」に数えられ、世界的に成長が最も見込まれる分野です。オーストリアでも、この分野に投資して、バイオ技術の拠点としての開発を推進しています。 

バイオ技術分野のオーストリア企業は、レッドバイオテクノロジーに重点を置いていますが、医薬品や製薬品の使用の際の、製薬材料、診断、新療法にも力を入れています。オーストリア企業は、ホワイトバイオテクノロジーの分野においても酵素や食品添加物などの領域で活動しています。

オーストリアは、ヨーロッパのライフサイエンス分野の中心拠点の 1 つであり、医薬品、製品、テクノロジー、サービスの重要な拠点として認知されています。オーストリアのライフサイエンス分野は広範囲に渡ります。小規模企業から大規模企業、オーストリアを拠点または生産拠点とする多数の国際コンツェルンが活動しています。 

オーストリアのライフサイエンス分野の特筆に値する特徴は、それぞれ比較的狭い領域で活動するメーカー、サプライヤー、サービスプロバイダーが緊密に提携していることです。これによって生み出されるのが「Made in Austria」の高品質です。

成功要因

優れた労働力、高く評価されている素晴らしい教育制度、最高水準を誇る研究機関、整備されたインフラストラクチャは、オーストリアのライフサイエンス分野の主要成功要因です。オーストリア全土に技術移転向けの多くのサイエンスパーク、スタートアップセンター、イニシアティブがあります。これらの機関は国際産業の成長を支援しており、多数の歴史ある多国籍コンツェルンを惹き付けています。

オーストリアの大学の最高水準の研究は、オーストリアのライフサイエンス分野で急増している設立間もない企業への技術移転に寄与しています。素晴らしいインフラストラクチャとアジアの成長市場に近いことが、オーストリアのバイオ技術企業の最高の条件です。ウィーンでは科学的な活動が活発です。バイオ技術分野のスタートアップ企業や歴史のある企業がこの活動に参加しています。大学および研究機関と協力することで、ライフサイエンス分野の既存の可能性を最大限に開発します。

未来に向けての強化

オーストリア企業は、これまでの治療可能な疾患や、新しい病原体や致死感染に対する、新しいワクチンと医薬品の開発で、特に強みを発揮しています。

オーストリア企業は、糖尿病や癌などの既知の文明病の研究に取り組んでおり、人口統計学的な変化に合った医薬品を開発しています。 

近代保健産業のパラダイムシフトによって、今後は、パーソナライズされた医薬品が重視されるようになります。これによって、患者を目的に沿って治療し、保健費用および治療費用の削減を図ります。

さまざまな研究

あるウィーン企業は、小児神経芽細胞腫治療向けに抗体ベースの希用薬指定された免疫療法を開発しました。療法は学術ネットワークと提携して開発されました。このネットワークには、ザンクト・アンナ小児がん研究所も含まれます。

あるオーストリアのバイオ技術企業は、アルツハイマー、パーキンソン、動脈硬化症、高血圧、糖尿病などの慢性疾患の治療処置のために革新的でカスタマイズされたワクチンを提供しています。

1909 年以来、オーストリアのチャコールタブレットは「Eucarbon」ブランドとして全世界で知られています。輸出パートナーとの緊密な提携、およびチームワークによって、メーカーの成功を目指し、製品の継続的な開発と改良に取り組んでいます。

オーストリアの コルノイブルクを拠点として国際的に活動を展開する家族企業は、美容皮膚学の分野の革新的な製品を開発、研究、導入することで、健康全般を改善することを目標にしています。同社はグローバルプレーヤーであり、110 ヶ国で製品を販売しています。 

ウィーンを拠点とする医療技術スタートアップ企業は、スマートフォンのカメラを使用して皮膚疾患の検査ができる画像分析装置を開発しました。ウェブ内のデータバンクを使用して写真を調整して、医薬品試験における患者数を減らし、費用を削減して、医薬品開発を加速します。

最終更新日: : 12.09.2020