Inhalt

概要

Standard Content Module
優れた技能教育、品質への意識と技術的ノウハウ、ジャンルを超えた共同作業、比類のないデザインへの情熱、これらがオーストリアが世界地図のうえでインテリア・家具のホットスポットとなっている要因です。世界中で評判の高い木製家具から高級な食器、アプリで操作できる照明システムまで、オーストリアの家具・インテリア業界は、デザインと品質の点で、20 世紀初頭のパイオニアの業績に繋がっており、新しいやり方で特別なものを作る伝統を引き継いでいます。
listen

この分野には、家具、照明、食器具類、家庭用テキスタイルが含まれます。家具産業は、主に大工仕事と家具製作に携わる 3,200 の企業で構成されています。家具産業のオーストリアの経済実績への貢献度は 0.7% です。これは、EU レベルではバルチック三国に次ぐ水準であり、西ヨーロッパでは最高の値です。

過去数年に渡り、オーストリアは、多くの世界的に有名な家具デザイナーと家具メーカーを輩出しました。20 世紀の始め、ウィーンの家具工房が国際的に注目を集めました。その当時も現在も、オーストリアは革新的な最先端の技術で時代の動向に対応しています。

オーストリアの家具、食器具類、照明は国際的に大きな関心を集めています。IF 金賞、Red Dot 賞、ドイツのデザイン賞など、有名なデザイン賞を常に受賞しており、オーストリアのこの分野の素晴らしいイメージを広めています。

オーストリアのインテリア分野は「Made in Austria」のバリューコンパスを掲げ、オーストリアの芸術的な流れによって生み出される高品質、伝統的な職人技術、最新の精密技術、環境保護責任を備えた家具デザインにトレンドを定めています。

オーストリアのデザイン

オーストリアは優れた職人技、高品質の製品、さまざまな外的影響を受ける国であり、優れたデザインが必要とするすべての要素を備えています。オーストリアのデザイナーは国際的なトレンドを取り入れると共に、独自のデザイン性を支える地域的な着想を重視しています。

オフィス家具の例
今日において、企業構成と作業工程は急速に変化しています。現代の職場コンセプトでは、静かに思考したり、リラックスしたりする場所を備えた、フレキシブルな事務所、さまざまな作業空間、オープンスペースなどを考慮しなければなりません。オーストリアのオフィス家具メーカーは最先端のトレンドを設定します。オーストリアの国際的な大手企業には、225 年にわたる品質の伝統、革新的な技術、受賞歴のあるデザインを組み合わせ、37 ヶ国の 80 の拠点で活動を展開している企業があります。

エコデザイン

エコデザイン(エコロジカルデザインまたはサステナブルデザイン)はオーストリアで大変重視されている独自のデザイン規律で、家具デザインにおいても重要な役割を担っています。エコデザインの目的は、使用可能な資源をインテリジェントに活用することで、環境への影響を最小限に抑え、社会的に公正な条件の下で、すべての関係者が可能な限り最大限に活用できるようにすることです。

エコロジカルデザイン家具大手企業は、74 ヘクタールの広大な森林を自社所有しています。同社の製品は、伝統的な職人技術と革新的なテクノロジーを統合して、オーストリアで生産されており、同社は木から完成家具までバリューチェーン全体を管理しています。

自動調整

オーストリアの家具/インテリア産業の伝統的な能力には、多くの研究開発活動に裏打ちされた技術ノウハウが挙げられます。設備の分野ではますます多くの工程が自動化されています。機器は、センサーやアルゴリズムによって、その動作をユーザーの習慣に適合させることを学習していきます。とりわけ、照明およびキッチンソリューションを提供する会社は、この分野で市場に新技術を提供しています。 

 教育
(インテリア)デザイン分野では教育訓練が大きな役割を果たします。60% を超えるデザイナーが高等教育卒業資格を有しています(大学または専門大学)。

ウィーン応用美術大学のデザイン研究所は、ヨーロッパ圏で最も重要な教育機関であり、ウィーンを拠点とするデザイン・コンピテンスの国内外ネットワークを強化しています。同大学での授業は小人数グループで行われ、教師と学生、実験的で自由なプロジェクト、ワークショップ、国内外の専門家による講座などが緊密に連携しています。

最終更新日: : 12.09.2020