Inhalt

概要

Standard Content Module
オーストリアの ICT企業の製品は世界のトップポジションを占めています。製品の幅は広く、オートメーションからアプリの開発にまで及んでいます。たとえば、スマートフォンの多くには、半導体チップや NFC 部品、センサーなどのオーストリア製品が詰まっています。スキーリフトやスポーツスタジアム、空港などの公共空間のアクセスシステムにも「Made in Austria」が少なくありません。
listen

オーストリアは情報通信技術分野に注力しており、最高水準のポジションにまで成長しました。多くの国際的な大手コンツェルンが当分野で活動していますが、オーストリア企業も情報通信技術の分野で世界市場をリードしています。この技術分野では研究活動が活発です。オーストリアの公共機関は、助成プログラムを提供しており、税制の優遇措置で支援しています。オーストリアの情報通信技術分野では約 290,000 人の高資格者が従事しています。

研究

情報通信技術分野の成功の基盤は研究と開発です。オーストリア研究推進機構(FFG)はオーストリアをヨーロッパの情報通信技術研究拠点のトップ 3 に位置付けています。チップ製造業の研究開発費率は約 15 から 20% です。オーストリアの情報通信技術企業は EU フレームワークプログラムでも最先端を行きます。

アンブレラ・プログラム「未来の情報通信技術(IKT der Zukunft)」といった公的な助成プログラムも企業の研究活動を支援しています。また、多くの情報通信技術研究は企業と学術機関が提携して共通の研究プログラムに取り組んでいるコンピテンスセンターで行われています。

企業

情報通信技術分野のオーストリア企業の約 4 分の 3 の企業は、従業員数が 10 人未満の小規模企業です。オーストリアの最大手 IT 企業は 30 を超える国々に 100 を超える支社を有しています。同社は45 年を超える歴史があり、国内外のお客様に、データセンター、統合アプリケーション、ビジネスプロセスアウトソーシング、銀行および保険ソリューション、IT コンサルティング、産業ソリューションの領域で専門的な IT サービスを提供しています。

また、オーストリアには、自動化されたターンキー流通ソリューションの大手システムサプライヤーもあります。同社は、1969 年以来、世界各地で、小型コンベア技術の使用から複雑な流通センターまで、社内流通ソリューションを提供しています。 

スマートで安全

オーストリアの情報通信技術分野は、将来性のある素晴らしいスマートソリューションを開発しています。例えば、「スマートシティ・ウィーン(Smart City Wien)」やオーストリア企業のスマートモビリティプロジェクトがあります。 

無線周波数識別(RFID)と近距離無線通信テクノロジー(NFC)で世界市場をリードするのもオーストリア企業です。同社は、「スマートシティ」領域における用途、および交通の最適化に注力しています。革新的な半導体コンポーネントと付属の非接触乗降システムは、公共交通手段をより快適に利用できるようにして「グリーンモビリティ」の課題に寄与します。

情報通信技術分野ではセキュリティとセキュリティ要件も重要です。特に、未来の都市生活に向けた多数の課題があります。交通システム、排気量、パーソナルセキュリティとデータセキュリティ、供給確保など。情報通信技術分野の革新的な製品とサービスはあらゆる領域で活用されています。

最終更新日: : 12.09.2020