Inhalt

概要

Standard Content Module
 ケルンの地下鉄と路面電車の車両やニューヨーク市の安全・照明技術、各地で使用されている車両の IFE ドアもはオーストリア製です。オーストリアの鉄道産業は、鉄道と鉄道車両分野での国際特許取得率が住民 100 万人当たり 45 件で、第一位となっています。オーストリア企業の輸出割合は 70 パーセントを上回っています。
listen

鉄道網は、大陸横断貨物輸送と市街地鉄道交通ソリューションの一次交通手段です。超高速列車、近距離列車、路面電車、貨物列車など、鉄道は毎日の交通の要です。鉄道網は、持続可能な交通コンセプトの主要エレメントです。持続可能な交通コンセプトが求められます。

オーストリアの鉄道は長い歴史とノウハウがあります。安全技術と制御技術(信号機技術、モバイル通信、制御システム)と都市部向けのライトレールを採用して、旅客輸送と貨物輸送に対応しています。これには、近距離列車、路面電車、地下鉄が含まれます。 

ポートフォリオの拡充

鉄道のポートフォリオは新しい領域を包括的に網羅します。大変革新的な分野です。従来の領域に加えて、多くの鉄道子会社は、カーゴ、ロジスティクス、観光、プラニング、プロジェクト開発、環境適合性、国際提携の分野でも活動しています。 

鉄道向け供給分野には、自動鉄道網(駆動、機関車、軌道車)の生産、および鉄道事業、軌道、上部構造、下部構造、駅、倉庫、流通ターミナル、環境技術、安全技術、IT ソリューション向けの装置とシステムの生産が含まれます。

ライトレール(路面電車)が注目を集めています

何十年も前に廃止された路面電車が復活します。例えば、フランスの 20 の都市では路面電車の運行が再開されました。オーストリア企業は、都市部向けのライトレール、および制御技術と安全技術に貢献しており、その活動は全世界で認知されています。減速機、発車装置、フィーダイヤー向けの耐火性ゴムエレメント、酸化アルミニウムなど: オーストリア企業は、未来のトレンドであるライトレールの分野でも活動しています。

革新技術

国際的に比較しても、オーストリアの鉄道産業は大変優れており革新的です。オーストリアのこの分野における開発活動はトップクラスであり、国民 1 人当たりの鉄道交通についての研究開発投資は最高水準です。

最高の安全性を目指して未来の技術に投資します。鉄道はエネルギー消費量が少なく、世界的な二酸化炭素削減に役立っています。

自律走行の課題にも取り組んでいます。オーストリアの鉄道産業は、自律走行の領域でも時代の最先端を行きます。また、制御装置のデジタル化はもう 1 つの未来の開発分野です。

最終更新日: : 12.09.2020